結婚式の引き出物選び

結婚の内祝いとしては、半返しでもらった金額の半分にあたる金額の商品を選ぶというのが一般的ですが、

結婚式の引き出物では披露宴が始まる前に会場にセッティングしておく必要があるので、金額を想定して商品選びをする必要があります。

親戚や上司になれば高額なお祝いをいただく可能性があるので、それなりの商品を選んで用意しておかなければなりません。

披露宴会場は、自分たちが決めた席次表通りに座ってもらうことになるので、その人に渡したいものを席に置いておくことになります。
紙袋に入れた状態で用意されるのですが、引き出物と一緒に引菓子やかつおぶし、赤飯などが一緒に入れられることになります。

引き出物は一点だけ選ばれることもありますが、数点用意されることもあります。

結婚式という一生に一度のお祝いの品でもある引き出物選びは非常に迷ってしまうものですが、両親や親戚の人と相談しながら決めることも重要です。

縁起の悪いものや結婚式の場ではタブーとされている商品もあり、地域によってはこれを選ぶという風習が残っていることもあります。
友人たちだけの結婚パーティーであればどのようなお返しギフトであってもマナーさえ守っていればいいのですが、結婚式となればお互いの家との結びつきにもなるので、今後の結婚生活のトラブルを避けるためにも多くの人に意見を聞いて選んでみることも必要です。
自分ではいらないようなものが風習として入れるべきとされるのなら、周りを引き立てるためにも選ぶことも時には必要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です