結婚式の引き出物の相場とおすすめの贈り物とは

引き出物の由来は、結婚式の際に出席してくれた人に家族への手土産として渡す贈り物です。

現在は、結婚祝いを頂いたお礼として贈る返礼品として用いられます。

これは、お葬式の際に香典料を頂いたお礼として香典返しをするのと似ています。

引き出物の相場は、祝儀で頂いた金額の3割程度です。

お葬式の香典料もそうですが、結婚式の祝い金は本人との続柄が近いまたは社会的地位が高いほど高額になります。
職場の同僚であれば2~3万円程度ですが、親戚や職場の上司であれば5万円~10万円になります。

祝い金の金額が何倍も違うのに、全員に全く同じ物を引き出物として贈るのは不公平になってしまいます。

このため、最近は結婚式後に引き出物を送付するケースが増えています。

結婚式後に贈り物を送付するメリットは、相手に応じて品物のランクを変えることができます。

多額の祝儀を出した人に高価な贈り物をすることで、結婚式の後も喜んでもらえます。
贈り物の種類ですが、昔はお菓子や「寿」や新郎新婦の名前入りの大皿などの食器などが利用されるケースがありました。
食べ物は人によって好みが違いますし、「寿」マークが入った大皿を貰っても使う機会はありません。

このため、最近は引き出物としてカタログギフトが人気を集めています。
カタログギフトを利用すれば金額を指定することができるので、祝い金の金額によってランクを決めることができます。カタログギフトであれば受け取る人が欲しいと思う物を贈ることができるので、個人の好みに関係なく全ての人に満足してもらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です