引き出物では喜ばれるものとNGのもの

結婚式を挙げるというときには時間をかけてしっかりと準備をしていくことになります。

一生に一度のことなので、こだわりの挙式にしたいという人も多いことでしょう。

当日の会場での演出なども考えていくことになったり、衣装なども自分たちの好みで選ぶことになったりするのですが、同時にゲストの食事や記念品として渡すことになる引き出物を選ぶことにもなります。

引き出物というのは二人のこだわりの商品を選ぶと言うことも多く、金額も相手によって変えたりすることもあります。
それはお祝いの金額が関係性によっても違うからです。

以前はわりと大きなものや個数を奇数にして複数用意することでかなりかさばることが多かったのですが、今はスマート化しています。持ち帰るのに労力が要らないようなものにしているからです。
人気があるものとしてカタログギフトを挙げることができます。

これは自分で選ぶことができるのでもらうほうも喜びますし、贈るほうも金額がわかりにくいという利点があります。逆にあまり喜ばれないものとしてあげることができる引き出物としては、新郎新婦の名前の入っているものや重たくて持ち運びが大変なものなどがあります。

名前入りというのは処分もしにくいものであり、使いにくいといえましょう。
ですから、引き出物では実際に使うことができる実用的なものを選ぶようにするといいでしょう。

やはり相手の立場に立って使うことができるものを贈ることができるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です