引き出物を贈る意味と由来は?

引き出物とは、結婚式など、お祝いごとの際に、招待客に配られる贈り物のことを言います。

葬儀など法事の際の返礼品に対しても、引き出物と言うことがありますが、本来はお祝いの席で使われる言葉です。

なぜなら、お祝いのお裾分けの意味が込められているからです。また、招待客への感謝の気持ちを表すものでもあります。

現在は、いただいたお祝いに対してのお返しという意味合いが強くなっていますが、もともとは、招待客の家族へのお土産として贈られていました。
ではなぜ、引き出物と言うようになったのでしょうか。
その歴史は古く、平安時代にまでさかのぼります。貴族が宴を催した際、招待客に対してお土産を贈ったのが始まりと言われています。

そのお土産は、当時は馬だったのです。
馬を引くというところから、引き出物と呼ばれるようになりました。
引き出物を贈る際のマナーですが、結婚式での熨斗は10本結び切りで、表書きは「寿」にします。

新郎新婦のセンスが問われる贈り物ですから、早めに、よく考えて準備をしたいところです。地方によって中身も予算も異なりますが、一般的には食器などの記念になる物が多く、金額の相場は3000円~5000円ほど。

それに、引菓子や縁起物を添えて5000円~6000円ほどです。
最近では、世代や性別で別の物を贈り分けをすることもあります。
帰りに荷物にならず、相手に好きなものを選んでいただけるカタログギフトも人気となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です