記念品でもある引き出物

結婚披露宴に来てもらった招待客へのお礼の品として、引き出物やプチギフトがあります。

プチギフトは、披露宴が終了した後に新郎新婦から招待客の一人一人に手渡しすることになりますが、予算的には1000円もしないようなちょっとしたものが選ばれることになります。

二次会までの時間に小腹が減ったら食べてもらえるような菓子類が選ばれることもあり、自宅に帰る前にプチギフトはなくなってしまう可能性もあります。

一方、引き出物では自分たちの結婚の記念ともなるような品が選ばれています。一人一人に手渡しされることはなく、事前に披露宴会場の椅子の上に置かれることになります。

引き出物は、一つの紙袋に入れて用意されることになりますが、ここには引菓子などが入れられることになります。

引き出物は、地域によっても縁起物とされているアイテムが選ばれることがあり、紙袋いっぱいにギフトが入れられることもあります。

しかし、持って帰ってもらう人の立場に立ってみると、重くてかさばるものは電車に乗って帰るにも大変です。

そこで、コンパクトでありながらも喜ばれるギフトとしてカタログギフトが選ばれることもあります。
カタログギフトは、一冊のカタログにまとめられたものの中から好きなものを選んでもらうギフトの形であり、コンパクトなのでスマートなギフトともなります。
自宅に帰ってから家族の人たちと何にしようかあれこれ選ぶことを楽しんでもらうにも役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です