引き出物の意味と選び方

結婚式に列席した際には必ず用意されているのが引き出物と呼ばれるものです。

これは新郎新婦がゲストに対して用意するいわゆるお土産品です。

それが形を変え、今日ではお土産品というよりは「お祝いのお返し」という認識の方が強くなり、ご祝儀などいただいたお祝いに対して品物を変えるということが多くなりました。

どんなものを用意するか、何品用意するかは人それぞれ異なりますし厳格な決まりというものもありません。

この引き出物の文化というのは古くから存在するのですが、以前は何か品物を用意するというよりは、披露宴中の料理を持ち帰ったりするというのが一般的でした。

しかし今日では衛生上の問題もあることからこういったことがなくなり、今のように品物を用意するようになったのです。

引き出物には様々な種類があります。
食器類や雑貨などの品物に加え、引菓子と呼ばれる菓子類、縁起物である鰹節や紅白まんじゅうなど非常に多様化しています。

こういった様々な物の中から何品選ぶかは自由ですが、結婚式において割り切れる数字というのは避けるべきだという考えがあることからなるべく奇数で用意するのがセオリーです。
また古くから行われてきた風習であるため、地域性であったり家系に伝わる伝統的な習わしがある場合もあります。

カタログを開けば素敵なギフトがたくさんありますが、決める前にはまず家族に相談するようにしましょう。
特に何の決まりもなければ、自分たちが用意できる予算内で好きな物を用意しても問題ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です