引き出物の由来と近年の傾向

結婚式に来てくれた方にお礼として渡す品物を引き出物と言います。

この由来は、昔宴席の主が招待客のお土産として用意した馬を庭先に引き出して見せたという風習から、招待客へのお土産という意味が込められてできたものです。

招待客誰もが喜ぶものを渡すことが望ましいのですが、性別、年齢、既婚未婚などそれぞれ違う状況の中選ぶのはとても難しいものです。
そこで、近年人気のある引き出物はカタログギフトです。

これはカタログに様々なジャンルの様々な品物が掲載されていて、それを自由に選んでもらい、家に送ることが出来るものです。

好きなものを選んでもらえることで、もらった方の満足度も高いものになり、上司や親せきなど目上の人に対しても失礼のない形で引き出物として渡せることが良さです。

そして、わざわざ来てくださった方に重いものを持ち帰ってもらう大変さを与えることもないことも人気の理由です。

渡す方の悩みもなくなり、もらう方の満足度も高いことでとても画期的な引き出物として現代の風潮に合っています。カタログギフトに載っているものは厳選された上質なものが多く、お値段以上の価値を感じさせます。

そして3000円、5000円、8000円など値段設定によってカタログに載る商品が変わるので、上司宛、親族宛、友人宛というように変えられることもよさとしてあります。
要らないものをもらったという不快感もなく、双方にとってとても良い引き出物になるカタログギフトは、今後益々の人気が出るはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です