引き出物はカタログギフトで

結婚披露宴のための準備には色々なものの選択が必要であり、中でも招待客へのお礼の記念品でもある引き出物になれば、地域の風習や両親、親せきの意見も入ることから迷ってしまうことも多いものです。

招待客に喜んでもらえる引き出物を選ぶためにも、カタログギフトを選択すると良いでしょう。

カタログギフトは、一冊の本になったギフトの形であり、豊富な種類の商品が掲載されています。

その中から一点だけ好きなものを選んでもらうというのが基本ですが、予算が高めであれば二点選んでもらうという方法もあります。2000円程度のものから金額に合わせたラインナップがあるので、渡す人によって金額を変えることもできます。

そのカタログの金額は書かれていないので、相手にはいくらなのか分からないようになっているので安心です。

カタログギフトが引き出物として多くの人に選ばれている理由として、好きなものを選んでもらえるという楽しみがある他にも、持って帰ってもらうにもコンパクトであるという点にあります。小さな本なのでかさばることもなく、重さもないので女性にも不便な思いをさせることがありません。引き出物には、縁起が悪いものは選んではいけないなどのマナーもあり、食器類などの割れるものはタブーともされています。
カタログギフトには割れ物である食器類も掲載されており、縁を切るという意味でとらえられてしまうこともあるナイフ類も掲載されていますが、直接渡すわけではないのでマナーに左右されることもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です