引き出物としてカタログギフトは定番アイテム

結婚式の引き出物は、地域によって異なるとよく言われます。

名古屋はもっとも豪華と言われていますが、実際のところは近年地域差がなくなってきています。これは、新郎新婦の出身地が違うことで、風習の違いによるもめごとを回避するためであったり、古い風習を気にしなくなってきたりしていることが要因として挙げられます。

これによって近年の引き出物は、誰に差し上げても問題が起きないものが好まれる傾向があります。

この代表例が、「カタログギフト」であり、もはや引き出物の定番アイテムと化しています。
カタログギフトは、おおよそ3000円~5000円程度の商品掲載されたものが好まれています。実際は、カタログギフト業者の仲介手数料や送料が含まれますので、商品の値段としては、この額から500円~1000円程度マイナスにしたものとなります。

ただし、掲載商品数が多く、様々な分野の商品が掲載されていることによって、差し上げる方の性別や年齢層などを考慮することなく、誰にあげても差し支えないものとなることが定番化した理由と言えるでしょう。

カタログギフトは、単なる冊子のものもありますが、後々写真入れとして使えるようなフォトブック形式のものなどもあります。

また、食べ物に特化したグルメカタログなどといった、特徴的なものも出てきており、内容を見ながら、引き出物としてふさわしいものを選択する必要があります。

どの商品を選択するかは、もらった人の自由ではありますが、準備をする側としても、中身をしっかり吟味したうえで、引き出物として差し上げたいものを選ぶとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です