引き出物でカタログが選ばれる理由

結婚式を挙げることが決まると、日時・式場選びから始まり、スケジュールや料理、ドレス、招待客など様々なことを決めていかなければなりません。

決めることの1つに引き出物があります。引き出物は招待客からのお祝い(ご祝儀)に対するお礼として配られる品々のことを指しますが、せっかくお礼をするのなら招待客に喜ばれるものを選びたいところです。

そこで、近年人気の引き出物がカタログギフトです。これは、まず贈り主が予算にあったカタログを選びます。
贈られた方はその中にある何種類もの商品から、自分好みの商品を選んで申し込むと、その商品が贈られた方の自宅に届きます。

デメリットとしては贈り主である新郎新婦らしさが出ないことです。
昔は新郎新婦の写真が入った皿や新郎新婦お気に入りの観光地などの名産物などが人気でしたが、現在は使い道がないとの理由で敬遠されています。

メリットとしては、招待客好みの商品を間接的に渡せることや、軽いので持ち帰りやすいことが挙げられます。

また、カタログには金額によってグレードが変わります。

高いカタログにはそれ相応の商品が掲載されていますし、低いものにはそれ相応の商品が掲載されています。

このことにより、一般的にご祝儀を多く出してくれる親族には、友人や同僚よりも高いグレードのものを入れて、区別をすることも可能です。デメリットよりメリットの方が多いので、近年人気の引き出物となったカタログギフト。このように新郎新婦側、招待客側どちらにも利点があるので、多くの支持を集めているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です